結婚式で着るウエディングドレスを賢く探す

試着する

胸元で手を重ねる花嫁

結婚式と言えば、昔から一生に一度の晴れ舞台と言われることが多く、憧れを抱いている女性も多いのではないでしょうか。
ただ、結婚式はお金がかかるため簡単に挙げられるものではありません。
そのため、家族のみの挙式や、招待客を減らしてのリゾート婚も人気が出てきています。
リゾート婚はお金がかかりそうなイメージですが、招待客が少ない分、引き出物代や食事代が浮くため、日本での挙式より低予算で行える場合も多いのです。
また、年々オメデタ婚(できちゃった結婚)の割合も増え、挙式にお金をかけられない御夫婦も多いようです。
友人の中には、ご両親の為に晴れ姿を見せてあげたいと、職場の方が中心となってパーティー式の挙式をされた方がいます。
その場合は、ご祝儀は受け取らず会費制にしたため、費用をかけずとも、素晴らしい式だったと喜ばれていました。

男性であれば、スーツに明るい色や柄物のネクタイを合わせたりするだけでお呼ばれ仕様にすることが可能です。
しかし、女性は注意する点が多くあります。
ドレスを選ぶ際は、できるだけ無地のものを選び、柄物は控えましょう。
無地の物でも、主役の花嫁のみの特権となる白色、または白っぽく見える色はやめましょう。
また、肩の露出は控えた方が良いため、袖のあるタイプを選択するか、ノースリーブであれば上にボレロやストールを羽織ると良いと思います。
その際も、毛皮やファーなど動物の殺生をイメージさせるものは良くないとされています。
スカート丈も短すぎないもので、ひざ丈が好ましいです。
靴はミュールなどの踵が出るもの、つま先が出るものは避け、ヒールのあるパンプスを選択しましょう。