結婚式で着るウエディングドレスを賢く探す

デザインを重視する

キャンドルと赤の装飾

結婚式でのドレスの役割はとても大きく、式を魅力的なものに引き立ててくれます。
結婚式は一生に何度も行わない大きなイベントですので、悔いのないものをセレクトすることが重要です。
披露宴では、ドレスやお色直しを使ったいろいろなイベントを企画することもできます。
お色直しでの退場の際には、お母様やお世話になった方にエスコートしてもらうことはよくあります。
ほんの少しの時間ですが、思い出深い方と二人だけでお話できますし、一生の思い出に残ります。
また、披露宴開演前にゲストに花嫁のカラードレスの色を当ててもらうクイズを出したりもできます。
試着したカラードレスの写真を待合室に置いておき、どの衣装が一番似合っていたか、今日着られるのはどれなのか、ゲストはさまざまな想像を膨らませて披露宴を待つことができます。

近年のブライダル業界の動向から見ますと、結婚式や披露宴を全く行わない「なし婚」も流行です。
しかし晩婚化の影響からか、少し価格があがっても思い出に残る自分たちらしい結婚式をしたいと考えているようです。
落ち着いたプライベート空間である邸宅を借りてのウェディングを行ったり、歴史ある神社や日本庭園で結婚式をあげるカップルもいます。
その中で和装を選択する花嫁も少なくありません。
しっとりとおくゆかしい和装の花嫁に憧れる女性も多いです。
最近は和装と言っても、ヘアアレンジは和装にあうような現代風のものを取り入れたり、小物などで自分らしくアレンジすることができます。
和装に興味があるならぜひ検討されてはいかがでしょうか。